KTM 中古車 150SX 2017!

P1230694

 

弊社で1日だけ使用した150SXを、この度1台だけご提供させて頂きます!

しかも2017年モデル!極上のコンディションの1台です。

P1230685

 

 

最も強力でありながら驚くほど軽量で知られる150SXのエンジン。

P1230686

 

2017のSXには、エアスプリングを採用したWP AER 48 FORK が装備されております!

エアスプリング使用で更なる軽さを生み出し優れたハンドリングとコントロール性を実現。

P1230684

 

KTM 150SX 2017MY 2ストローク 新車販売価格¥900,000-

スタッフが1日使用させて頂いただけの極上車両がなんと、1台限り

車両本体価格  69万円(税込) でお譲り致します!

気になる方は大槻まで!

お早めにどうぞ!!!!!!

2017/10/23

大槻お気に入りの一品♥

P1230676

 

DUCATI 新作ジャケット 入荷!

私も早速愛用しておりますこちらのジャケット、実はレインジャケット(カッパ)なんです!この台風でも早速大活躍でした♪

カッパとは言えども、デザイン性が良い為普段着としても愛用しております。

P1230678

バックプリントもかっこよくありませんか??チームジャンパーみたいですよね♪ そしてこのフードも収納できます。

P1230682

しかも、写真のように小さくまとめられるのでバイクで携帯もできちゃいます。袋が付属してくるのではなく、ポケットに丸めてこのように収められちゃいます。感動です。

P1230679

本当に薄くて軽いので、サッと羽織ってウインドブレーカーのように着て頂けます。P1230674

ドゥカティコルセストライプ レインスーツジャケット 

価格  ¥11,400(税抜)です!

 

サイズはXXXLまであります。※スタッフ着用サイズはSサイズです。

 

 

2017/10/23

怪物=MONSTER

M12S1

 

今回はDUCATIのモンスターについて。

DUCATIの数あるラインナップの中でも1番の人気を誇るモンスター。先日も2018年のイエローのモデルを少し紹介しましたが、92年からDUCATIがモンスターを登場させて今日に至るまでに怪物を名乗るのに相応しい進化を遂げてきました。当時スポーツバイクと言えばカウル付きが一般的だったものを、ネイキッドバイクでもスポーティな走りを可能にするスポーツネイキッドという新しいジャンルを作り上げた立役者となりました。

92年に発売を開始してから常に進化を続けましたが、そのスタイルは誰が見てもモンスターと認識できるアイデンティティを持ちます。ミラノショーでも写真のモンスターは「MOST BEAUTIFULL BIKE」世界で最も美しいバイクに選ばれました。

そして勿論、怪物と言われる所以はその独創性や異端児としてのものではなく、その走りにもあります。

伝統的なトレリスフレームに、軽量なLツインエンジンを搭載しパワフルで軽快な走りを生み出し、走りも他のバイクでは味わえない最高の快感を与えてくれます。

M12S

今回ピックアップする2015~2016MYのMONSTER1200Sは、豪華な装備も魅力の一つです。

P1230645

前後オーリンズサスペンションや、

P1230644

Bremboブレーキキャリパーは最高グレードのM50を装備。

P1230647P1230648

Bremboセミラジアルブレーキ&クラッチマスターも標準装備。

P1230657

DUCATIらしいカーボンパーツも最初っから使ってます。

 

P1230658

ミドルクラスのMONSTER821は、1200をよりおおらかなキャラクターで乗りやすく、より街乗りしやすくしたモデルです。

Fフォークもフルアジャスタブル。水冷モデルの為、空冷のM797と比較してもパワーやトルクも段違いです。

 

今回ご紹介したこちらのモンスターがただいま驚くほどお買い得にお求め頂けます。

 

・MONSTER1200S・・・196万円(税込)が、なんと165万円(税込)に!!

・MONSTER821・・・138万円(税込)が、なんと119万円(税込)で!!

お求めいただけます。

しかも今ならETC車載器が付いてくるキャンペーンも併せて実施しております。

 

今なら憧れのDUCATIに手が届きます。圧倒的な存在感を放つMONSTER。怪物、手懐けてみませんか?

 

 

2017/10/22

速報!DUCATI 2018年モデル!!

DUCATIの2018年モデルがちょこっとだけ流出??

現在、弊社の加藤がドゥカティグローバルディーラーカンファレンスへの参加の為、イタリアへ出張中です。そこで2018年のワールドプレミアを前に、NEWモデルが発表されている模様?です。そこで、1台だけ先に情報をキャッチしました。

NEW MONSTER821です。しかも久しぶりのイエロー!!詳細は動画をチェック!

821821

 

2017/10/17

KTM SUPER DUKE GTと言う選択肢。

SDGT2

 

KTMの言わずと知れた「野獣」1290SUPER DUKE R。乾燥重量195kg、177hp。スペックからもその凄まじさが伝わるマシンの、GT(グランドツアラー)モデルとなる 1290SUPER DUKE GT。

1290SUPER DUKE Rの驚愕のパフォーマンスに、長距離走行、タンデム走行、積載性をプラスした欲張りマシンそれが「GT」です。

SDGT1

 

GTなら、貴方の遊びのフィールドはまだまだ広がります。

5リッターUPの燃料タンク(23L)、大型スクリーン、オプション純正パニアはキャリアなしで瞬時に脱着可能。

革新的なWP製セミアクティブサスペンションシステムがライディングに新次元の快適性と安全性をもたらします。 ライダーは3つの用途から選択することが出来ます: 「コンフォート」「ストリート」そして「スポーツ」です。同時にSCU(サスペンションコントロールユニット)がストロークセンサーと加速度計からの情報をもとに、ダンピングレートを路面状況およびライダーの走りにリアルタイムに順応させます。 車体負荷も読み取り、さまざまな荷重にサスペンションを適合させ、貴方に合わせた極上のライディングを生み出しまします。

 

快適で高い積載量を誇るツアラーの一番のネックとなるのが重量ですが、GTは長距離はもちろんのこと、街乗りでも軽快に走ることができます。SUPER DUKE R との重量差は、わずか10kgほど。205kgしかない重量は、国産4気筒のツアラーと比較すると恐ろしく軽いんです。

クイックシフターのUPに対応しておりますので、クラッチを握らず、スロットルを戻さずシフトアップが可能です。これは、極限のレースシーンでも時間を短縮するためのアイテムですが、普段のライディングでも操作の手間が減り疲労軽減にもつながります。

GTは一見過激なパフォーマンスのじゃじゃ馬に感じますが、最新の電子制御システムにより非常に扱いやすいマシンです。初の大型バイクとしても選択していただける程のフレンドリーさが売りの一つです。

KTMのVツインの面白さ、初めてバイクに乗った時のあの感動をまた味わえるKTMのモーターサイクルを是非知って頂きたい。そう、切に願います。

2017/10/15

マグネシウムホイール。

最近、マグネシウムホイールのブーム到来しているのでちょこっとご紹介を。

P1230550

 

車両全体の装着画像を撮影忘れるという痛恨のミスを犯しましたが、ご容赦ください。。

今回はDUCATI MULTISTRADA1200 PIKESPEAKに、Marchesini(マルケジーニ)F9(マグネシウム鍛造)シリーズをご購入頂きました。

P1230548

 

これはバイクパーツという枠を超えた「芸術品」と言えます。造り込みが本当に美しく、軽量化へのこだわりがすごいんです。

スポークやハブ周りを限界まで削り取り、極限の軽さを追求しております。

その軽さはまさに小指1本でホイールが持ち上がる程です。

純正のホイールと比較しても重量が軽くなり、特にリム周りが軽いため走行中には特に大きな違いを感じられます。

常に回転する場所が軽くなるとこんなにも違うのか!!と、まるで自分のバイクが違うバイクに感じられるほど。

P1230563

 

今回は、この芸術品の美しさを保つためにもCR-1(ガラスコーティング)も施工させて頂きました。

ホイールはチェーンオイルなどで汚れやすいし、手が入りにくく洗車の際とても大変な箇所なのでホイールへのCR-1は大変お勧めです。

マルケジーニの造り込みが素晴らしくエッジが効いたデザインになっている為CR-1の施工にも大変苦労しました。本当に綿棒じゃないと届かない箇所だらけで、散布拭き上げ共に大変気を使う作業となりました。

P1230558P1230556P1230557

 

そして、KTM RC250にBITOのマグタンを装着させて頂きました。

こちらはKTM KOBE様から販売されておりますオリジナルモデルでございます。

今回スプロケット、チェーン周りも一新。オレンジチェーンがマッチするクールな車両に仕上がりました。

カラーオーダーしたサンスターのブレーキディスクローターもバッチリはまってます。

 

足周りの強化は走りに大きな変化を与えてくれます。

日頃頑張っている自分へのご褒美に・・・マグいかがですか?

 

2017/10/10

DUCATI DIAVELが愛される理由。

2016-Diavel-Carbon-ducati-bike-7

 

今回はDUCATI  DIAVEL(ディアベル)が2011年、衝撃のデビューを果たしてから今日まで絶えぬ人気を誇る理由をうんちくも含めご紹介したいと思います。

そもそもディアベルと言う意味はなんぞ。というところからなんですが、イタリア通な方はご存知かもしれません。DIAVELはふわっとイメージで「悪魔」でしょ?DEVILとかDIABLOとか・・・の仲間みたいな?感じで思っていただいた方は正解です。

ディアブロdiablo)は、スペイン語で、またディアボロdiavolo)は、イタリア語で、いずれも「悪魔」の意。ボローニャの方言ではディアベルdiavel

つまりDUCATIの本社があるボローニャの方言で、悪魔の意がDIAVELなわけです。

それだけでちょっとかっこよく感じてしまうのが日本人の性でしょうか゚(;´∀`)

もちろんディアベルのかっこいいところは名前だけではありません。

ディアベルのコンセプトはクルーザーであってクルーザーではないところです。

見た目やポジションは長距離を快適にこなすそれですが。見た目とは裏腹に過激なマシンであるスポーツバイクであるということ。

車で言うマッスルカー、言わばマッスルバイクです。リアタイヤにはなんとタイヤサイズ「240」の極太タイヤを標準で装着。(PIRELLI DIABLO ROSSO Ⅱ)※タイヤの銘柄まで悪魔です。

P1230613

P1230615

スタイリングは圧巻の迫力がありパッと見は300kgオーバーの車格ですが、写真のディアベルカーボンの乾燥重量はなんと205kg。耳を疑う重量です。ちなみに近いデザインのバイクでヤマハのVMAX1200の乾燥重量は263kg。約60kgも軽いんです。

P1230624P1230625

 

マルゾッキの50φの極太アジャスタブルFフォークに、前後bremboのブレーキキャリパー。

P1230629

bremboラジアルタイプのブレーキマスター。

DUCATIのバイクはスポーツ走行性能が高くなくてはなりません。エンジンには150hpを発するテスタストレッタ11°エンジン を採用。

つまり、見た目はクルーザーでも中身やパーツはスーパーバイクさながらの仕様となっております。

P1230628

 

メーターはツインメーター。視覚的にも楽しませてくれます。更にディアベルの鍵はスマートキー。ご覧の通り鍵穴がございません。鍵はポケットの中にある状態でエンジン始動ができるんです。

ディアベルは3つのライディングモード(スポーツ・ツーリング・アーバン)から走行モードを選択できサーキットから長距離ツーリングまで幅広く使える万能バイクなのです。

そして、日本人にとって重要なポイント「足つき性」ですよね。DUCATIのバイクはイタリア人向けに作られているからシート高が高いイメージを持っていらっしゃる方が多いですが、そんなことはございません。ちなみにイタリア人と日本人の平均身長は殆ど変わらないそうです・・・!意外ですよね。

P1230639

 

ディアベルのシート高は75cm。私が跨いでも両足べったりなうえに膝も曲がります。かかとが付くのは安心ですね。華奢な私でも取り回しは楽勝です。

 

もうここまで揃っていたら、買わない理由が見つかりませんね。

え?DUCATIは金額が高い??

「そうですねぇ・・・、これだけのパーツが付いて、これだけのスペックですからねぇ・・・でも価格以上の価値はありますよ」・・・と今まではご案内しておりました。

しかし、こちらのカーボン外装を身に纏ったDIAVEL CARBON、通常価格¥2,579,000-のところ、まさかのスペシャルプライス209万円でご提供しております。更に今ならETC車載器がついてきます。ちょっと価格設定安すぎるかもしれません。

と今は案内しております。

いつかはディアベル? いいえ、ディアベル今なら手が届きます。

と、悪魔の囁きが聞こえた方は今すぐモト・プロ仙台へ!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/10/09

新車ゾクゾクッ入荷!

 

 

 

SCRAMBLER デザートスレッド

P1230588

 

スクランブラーのICONと比較すると、フロントに19インチスポークホイールを入れ、フルアジャスタブルサスペンションや強化したフレームも全て本格的にオフロードを走行できるように変更してあります。

P1230597

 

別体化したタンデムステップはスタッフ佐藤のお気に入りポイントです。

大槻が一番気に入っている箇所は、

P1230603

 

このブロックタイヤが標準装備しているところです。ピレリのスコーピオンラリーSTRです(NEW)

この荒地をガンガン行けるタイヤでありながら一般道もいけちゃう最高の遊び心満点なところがいいですね♪

是非、オフヘルにゴーグルを着用して乗って頂きたいバイクです。

P1230578

 

MONSTER1200Rも入荷いたしました。

DUCATIの最高峰「R」グレードは、もはやブランドです。

付いているパーツも超一流品ばかり。マルケジーニ製アルミ鍛造ホイールや前後オーリンズサス。ブレンボラジアルマスターやオーリンズのステアリングダンパーやカーボンパーツ、などなど豪華パーツてんこ盛りです。もちろんパーツだけではなく全てがレーシングスペック。標準でピレリのスーパーコルサを履いてるなんて本当にネイキッド?って感じですよね。

P1230584

 

そして、KTMも入荷しております。

P1230605

 

P1230609

 

2017年RCシリーズは大幅なカラーリング変更が入りましたが、今まで艶消しだった箇所が、

P1230611

 

てっかてかになって質感が上がりました。

これはより遠くから見ても一目でKTMってわかりますね♪

シングルライトウエイトスポーツの楽しさは乗らなければわかりませんよ♡!

 

展示車をご用意してお待ちしておりますので、今週末は是非モト・プロ仙台までお越しくださいませ!

2017/10/05

SPYDERに乗るならこれからが最高!

F3LI

 

スパイダーに乗るならこれからが最高!ということで、スパイダーをお求め頂くにあたってとてもお得なキャンペーンのご案内です。

秋の「PLAY SPYDER」キャンペーンです。10月末までのお申し込みなのでお急ぎください!

・0.9%の特別低金利キャンペーン(最長120回)

または、

・どどーん!と、15万円分のアクセサリークーポンがもらえるキャンペーン!

是非このお得なキャンペーンをご利用ください。

 

最近、ご来店頂くお客様からよくスパイダーを見かけるようになったとお声を頂くようになりました。嬉しいお声です。スパイダーが日本で正規販売され始めた年に弊社で正規ディーラーとなって早3年が経過しました。スパイダーの販売台数が増えるとの同時に、沢山のスパイダーオーナー様との繋がりも増えツーリングやミーティングなどで我々スタッフも楽しい時間を共有させて頂く素晴らしい機会に恵まれました。これからも増え続けるスパイダーオーナー様の輪がもっと広がりスパイダーに乗ることで今までになかった新しいライフスタイルに出会えます。これからの人生を大きく変えるスパイダーのkeyをあなたへ。

2017/09/30

SCRAMBLER Cafe Racer スクランブラーカフェレーサー

P1230507

スクランブラーのCafe Racer が入荷しました。

60年代の懐かしい香りが漂う、絵になるバイクです。

Cafe Racer専用のセパレートハンドルやバーエンドミラー。オシャレなシートにゼッケン。

17インチのアルミニウム製ホイールは、他のスクランブラーと比較しタイヤの選択肢を大きく広げました。

このバイクを箱から出して初めに感じたのは、「ん?軽い!」という印象です。基本的には他のスクランブラーと大きく重量差はないはずですが、ものすごく軽くて取り回しが楽な印象です。

もし私がこのSCRAMBLER Cafe Racerを納車した暁には、オシャレな革ジャンを羽織り、オシャレなカフェにコーヒーを飲みに行きたいですねぇ。あぁ欲しい・・・。

P1230495P1230496

 

 

P1230504

 

CAFEE

 

こんな感じですかね?笑

2017/09/26