本日のPIT。

P1210927

 

本日のPITはKTM 690DUKE-Rが作業中です。

今回はタペット調整を行っております。

良く聞く「タペット調整」とは・・・。バルブクリアランス調整とも言われます。

タペットとはバルブの上部にあるカムシャフトに押される部品です。
カムのこまが回ってくるとこれを押し下げ、その下のバルブが開く仕組みです。
カムシャフトとタペットの間にはわずかな隙間があり、その隙間を適切なクリアランスに調整する作業です。

この隙間が狭くなってきたりすると、タペット音が大きくなったりしてバイクが教えてくれますが、放置しておくとバイクのパワーダウンやトラブルに繋がるので、ある程度の距離を走ったバイクは調整をします。
P1210929

690DUKEの場合はその隙間の調整に「シム」というものを間に挟みそのシムの厚みでクリアランスを調整します。

 

エンジン音がなんかおかしいな?と感じる方はご相談くださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/23