名機、690DUKEファイナルとなる。

IMG_9001

 

KTMの真髄と言えばオフロードモデル?確かにそうかもしれません。しかし、その真髄をストリートに落とし込んだのがこの690DUKEと言って間違いないでしょう。知らない人の為に少し、ご説明を。

この690DUKEのエンジンは水冷単気筒で、その名のとおり692ccの排気量で73馬力を発生し、驚くべき乾燥重量148.5Kgを誇る。この数値を聞いてわくわくしない人なんているのでしょうか? 軽い乗り物って自由度が高くて楽しいですよね。この数値は同クラスの排気量のスポーツネイキッドでは類をみないKTMらしい、KTMにしか造れない、そんなバイクだと思うんです。

この軽量な車体に猛烈な加速をするLC4エンジンを積み、前後WP製の高品質サスペンションを装備。

この情報だけで試乗なんてしなくても乗って楽しい事が楽しいことなんて容易に想像できるので、試乗されなくても購入される方がほとんどなのは納得がいきます。オーナー様の傾向も、所有する喜びではなく、本当に走るのが大好きなオーナーばかりです。

こんなに軽くて、弾けるトルクもあって、足周りもしっかりしてて、燃費も良くて、スタイルも良い、コントロール性も非常に高くて、サーキット走行からロンツーまでも可能にするバイクは唯一無二であると思います。

【本題】そんな最高の690デュークですが、実は790DUKEの発売に伴い、690DUKEの販売が終了となります・・・。正直、こんな名車をこのタイミングで終了させてしまうKTMさんには・・・残念です。きっと今後こんな面白いビッグシングルは登場しない!(断言)

逆に言えば、790DUKEと690DUKEは全くの別物だと思うので790DUKEがでるから690DUKEが終了するってのはいささかおかしいのではないのかな・・・。

長くなりましたが、そういうことでメーカー在庫限りで終了になってしまう訳ですが、少しでもこのバイクの良さを皆さんに知って頂ければなと思い筆を取りました。(キーボードですが)

まだギリギリ購入も可能なので是非、是非、是非、このバイクの良さを理解してくれる方に最後は買って頂きたいと切に願います。

KTM 690DUKE

車両本体価格96万円(税込)

Ready  to  Race.

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/02/06